みかママの女子力UP!blog

女子力アップのため美容&健康&恋愛の話題を取り上げご紹介します♪

赤ちゃんの便秘はなぜ起こる?原因と解消法とは?

   

泣く赤ちゃん

赤ちゃんの便秘の危険信号は?

「もしかして便秘?」

赤ちゃんのミルクや食事の回数、うんちの回数で
いつもと様子が違うな。と思うことありますよね。

毎日でなくても元気で定期的に出ていれば大丈夫。
だけど、こんな兆候があったら要注意!

・食欲の低下
・機嫌がわるい
・お腹がポッコリと張っている
・便をするときに痛がる
・便に血が混じっている

便が出ないことで、お腹がパンパンになり、
食欲もわかなくなってきます。

たまっていくと、水分が不足して、便が固くなる。
この状態を放っておくとどんどん悪化してしまいます。

以上のような危険信号があったら、
小児科を受診することをおススメします。

ではなぜ便秘はおこるのでしょうか?

授乳中の便秘の原因

便秘の原因は大人も赤ちゃんも一緒。
食事の乱れや、生活ペースのみだれから起こります。

授乳中のあかちゃんでしたら、
ママの母乳の成分が原因かも?

母乳はママが摂った食事の栄養がダイレクトに
赤ちゃんにいきます。
脂肪分の多い食事は赤ちゃんの便秘の原因に。

また、授乳の量が少ないと、
水分不足で便秘を引き起こしてしまいます。

母乳の味が悪いと赤ちゃんは飲まなくなってしまいます。

まずは、脂分の多い食事は避け、野菜中心の
食事に切り替えるなど、自分の食事の見直しと、
授乳量を見なおしてみましょう。

ミルクの場合も授乳量はよくチェックしましょう。

離乳食中の便秘の原因

離乳食が始まった赤ちゃんも便秘になりがち。

ミルクだけだった生活から、
突然食事が体内に入ることで、
今までの水分バランスが崩れ、
便秘につながることもあります。

離乳食が始まったからといって
ミルクの量を一気に減らすことはしない方が
よいでしょう。

離乳食がスタートしたばかりでは、
まだ、ミルクの栄養が中心です。
しっかりと水分補給もするよう心がけましょう。

便秘にならないための対策は?

便秘になって小児科を受診すると、
すぐに浣腸で便を出してくれたり、
便を出しやすくする薬を処方してくれますが、

便秘にならない体づくりが大切。

根本的な体質改善を行わないと、
便秘を繰り返すことになってしまいます。

毎回赤ちゃんに痛い想いをさせてしまうのは
かわいそうですよね。

便秘予防に行うとよいことはなんでしょう。

生活リズムを整えよう

・ミルクのリズムを整えてる。
・食事の時間を整える。
・寝る時間を整える。

規則正しい生活を心がけると
体がリズムを覚えて自然と便も決まった時間に
出るようになります。

まずは時間を意識するようにしてみましょう。

食事の栄養バランスを見直そう

ミルクの赤ちゃんも離乳食の赤ちゃんも一緒。
食物繊維の多い食事や、
乳酸菌類など、便秘によい食事を
心がけてとるようにしましょう。

マッサージ

一度便秘になると、腸の働きが弱まってしまいます。
腸が正常に動くようになるために、
お風呂上りなどに“の”の字を書くようにお腹のマッサージをすると
よいでしょう。

また、両足をもって前後に動かす運動をしてあげるのも
自分で動くことのできない赤ちゃんには効果的です。

まとめ

いかがでしかた?
赤ちゃんが苦しんでいる姿はとってもつらいですよね。
便秘は生活習慣からうまれていることが大部分。

普段の生活を見直すことで、改善にむかいます。

また、赤ちゃんはじぶんでは上手に体を動かすことができないから
ママのサポートが必要。
お腹周りの筋肉が動くよう運動させてあげることで
あかちゃんも自発的に便が出やすくなります。

どこからが便秘かという定義はないですが、
3.4日便が出なくて機嫌が悪いようであれはすぐに小児科へ!

ヨガ

冬は寒い、春はのんびり、夏は混雑、秋は肌寒い・・・
いつ◎◎へ行くの?!
今でしょ!詳細は↓↓↓

 - 育児ネタ