みかママの女子力UP!blog

女子力アップのため美容&健康&恋愛の話題を取り上げご紹介します♪

お年玉の相場は?※小学生・中学生・高校生・大学生別に解説!

   

お年玉

知らないと後々後悔!多すぎても少なすぎてもダメ!お年玉の相場

気づけば兄弟親戚にも子供が産まれ、
自分は「叔父さん」「叔母さん」の位置に。

自分が小さいころはお年玉をもらう側だったけど、
もうあげる側になったんだ~。。。と実感。

・・・と、そこで
初めて気づく、大人のお年玉事情!!

「一体、みんないくらあげてるの?!」

最近の子供のお年玉事情を学年別にチェック♪

お年玉相場(小学生~大学生まで)早わかり表

最初に、小学生から大学生までいったいいくらがお年玉の相場なのか
簡単にまとめてみました!

小学1.2年生・・・¥1000
小学3.4年生・・・¥2000
小学5.6年生・・・¥3000

中学生・・・¥5000
大学生・・・あげない

小学生は2学年ごとに金額が上がる!?

色々なサイトのお年玉アンケートなどを調べた結果、
「1年生から6年生までだと金額が全然違います!」と言っていても、

大まかには低学年の平均・高学年の平均で
分かれていて、

1~3年生までは¥3000
4~6年生まで平均¥3000なんです。

1~6年生までで金額違うって言ってたのに、
みんな一緒じゃーん!と、疑問を抱いたので、

実際こまかく見て、どの区切りでみんな金額を分けているのか
調べてみました!

その結果、

「1.2年生」、「3.4年生」、「5.6年生」

のくくりで分かれていることが多いようです。

小学生低学年(1.2年生)の相場

1.2年生のお年玉の平均・・・¥1000

まだ、お金の価値をあまり理解していない年齢なので、
その幅は、¥500~¥3000と幅広く、
その中で多いのは¥1000でした!

この年は、まだ、紙よりコインの方が
好きだったりするので、
個人的には喜んでもらえるコインが断然いいじゃないか~!と
思ってしまいますね(笑)ザ・大人の事情(*‘∀‘)

小学校中学年(3.4年生)の相場

3.4年生のお年玉の平均・・・¥2000

3.4年生はちょうど中間なので、
¥2000~¥3000というくくり
でした。

小学生高学年(4~6年生)の相場

5.6年生のお年玉の平均・・・¥3000

平均¥3000~¥5000という範囲でしたが、

小学生までは¥3000

という考えが多いようで、
結果、¥3000が一番多かったです。

中学生以上のお年玉事情!いつまであげる?

金銭感覚も身に付き、
自分でのお金の管理もできる年ごろになった
中学生以上の子供たち。

高校生にもなると、自分でバイトをしてお小遣いを
稼いだりする子も多いと思います。

野口英世は卒業?!この年からはお年玉も高額に!

そして、お年玉の卒業はいつ?!

中学生

中学生のお年玉の平均・・・¥5000

中学1年生~3年生までは一律で、

¥3000~¥5000
¥5000~¥10000

という2つの幅がほぼ同じで、
一番多いのは¥5000です。

やはり、中学生になると
お札も野口さんから樋口さんにグレードアップするんですね~。

大人はヒーヒーですよ。

高校生

中学生のお年玉の平均・・・¥5000

高校生にもなると、
バイトもできたり、なかには、
立派に社会人になって自分で稼げるようになるので、

親戚同士もお年玉卒業の相談をするようになるみたいですね。

実際に、高校生になったら
お年玉なし!という家庭もあるようです。

それでも、やはり、あげる?あげない?の
平均は「あげる」方がおおいようですね。

金額も¥5000~¥10000の幅で
やり取りするのが平均のようです。

いつまであげる?大学生や18歳以上のお年玉

基本的に高校を卒業したら、

「あげない」

というのが一般的にようです。
なかには、あげるケースもあるようですが、

そこにはいくつかのルールや事情があるようですね。

・先にもらっていたから、あげる。
・卒業祝い、成人のお祝いとして

など。
一般常識として、お年玉より入学祝や卒業祝い、
成人祝いなどの
お祝いが先決!

なかなか会う機会がないと、お正月に渡すケースが
多いですから、

お年玉をあげなくなった高校卒業後には、
「お祝い」ということで渡すみたいですね。

また、お年玉をあげるパターンだと、
金額の平均は¥5000~¥10000
のようですね。
金額は高校生と同じかそれ以上といったかんじですね。

親戚間で決めておこう!お年玉の金額!

いとこ同士集まると、子供たちはお年玉を
「いくら集まった~?!」と、
見せ合うのも楽しみの一つ。

だからこそ、お年玉をあげ合う関係の家とは、
大人同士事前に金額を設定しておくべき!

そして、子供たちは自分が過去にいくらもらってきたかも
よ~く覚えています。

だから、その時その時であげる金額が違ったり、
大人同士が話し合っていないと、

「僕が3年生の時より、こいつのほうが多くもらってる!」とか、
「〇〇おじちゃんはいつも5千円だけど、〇〇おばちゃんは3千円だよねー。」

と、子供たちからクレームが。。。

さらには、大人も、

「うちは5千円あげてるのに、〇〇のうちは3千円。」

などと、子供同士も、親戚間もぎくしゃくしてしまい、
新年早々、気まずい関係になってしまいます。

子供は、年々お金がかかっていきますので、
無理のない範囲の金額で、
家族・親戚間で、子供の年齢別に金額を決めておきましょう!

最後に

お年玉。親戚が多いと大人は大変ですよね~。
だからこそ、新年から相場を間違った金額を
渡してしまうと、その後の付き合いが大変です。

また、近い親戚。遠い親戚や知人などによっても、
金額を分けたりすることが多いようですね。

ここに書いてきたのは近い親戚の平均相場ですが、

遠い親戚だと、

小学生は¥2000~¥3000
中学生以上¥3000~¥5000

が平均のようです。

遠い親戚って、「たまにしか合わないから」と、
幼少のころから、大学生までかわらず
もらう。位置だったりしますよね。

自分も子供の時に遠い親戚や知人の方からお年玉もらった
経験ありますが、
もう成人して身近な人からはもらわないのに、
少ない金額でも変わらず成人後までもらうありがたみを
感じたことがあります。

これはもう親同士のあいさつの領域ですよね。

新年の挨拶としての儀式を大事にするためにも
近い親戚間でのお年玉の相場はあらかじめ親戚同士でしっかり話し合って
決めておきたいですね。

ヨガ

冬は寒い、春はのんびり、夏は混雑、秋は肌寒い・・・
いつ◎◎へ行くの?!
今でしょ!詳細は↓↓↓

 - 生活ネタ知識, 育児ネタ