みかママの女子力UP!blog

女子力アップのため美容&健康&恋愛の話題を取り上げご紹介します♪

2017年の節分はいつ?!由来や習わしは?

   

節分

2017年の節分は2月3日(金曜日)です♪

さて、今年の節分も豆まきして、恵方巻食べるぞ~!

って、そもそもなんで豆まきするんだろ?
恵方巻ってなぜ食べる?
恵方巻の具は何を入れる??

今更聞けない、「節分」についてご紹介します。

そもそも節分ってなに?

節分とは、「季ける」
という意味で、

2月4日が立春の日(春の始まりの日)で、
節分は、その立春の日の前日のことを言います。

江戸時代以降は、年に一回、冬から春の節目の日のことを「節分」と
名付けて、

厄が入りやすいといわれる季節の節目に、
邪気を払って、福を招こう!ということから、

「鬼は外、福は内」と声掛けしながら
無病息災を祈願するようになったそうです。

なんで、冬から春の節目だけ「節分」って名前つけたんだろう?と思ったら、

どうやら昔の暦では、立春の日が一年の始まりだったそうです!
だから、節分は「大晦日」のあたる日だったみたいですね。

それならなんか納得ですね。

節分はその年によって日にちが違う!

節分=2月3日

と思われがちなのですが、
実は2月3日と決まっているわけではないってご存知でしたか?!

節分は立春の日の前日。
立春の日は、1年間の季節を24に分けた第一の季節が立春です。

立春はその年の太陽の角度で決まります。
365日24で割り切れないから、その年によって、
すこしずつ立春の日は前後するのです。

節分は、立春の前日なので、
2月2日の年もあれば、2月4日の年もあるのです!

だいたい2月2.3.4日あたりを毎年前後しています。

節分にやる事は?

豆まきに恵方巻。
その他地域によってそれぞれの風習も。
どんなことをするのかピックアップ。

豆まきするワケ

豆まきは、邪気を払うためにおこなう!

節分といえば「豆まき」ですよね。
鬼に向かって「鬼は外!福は内!」といって投げつけるのが
ベーシック。

この風習は、もともと中国から伝わったものだそうです。

鬼=中国では(キ)と呼んで「霊」のことを意味するようで、

本来は邪気を払うという意味のところ、
日本に伝わった時に、「オニ」と呼んで、鬼を払うよう風習になったらしいです。

さらに、なんで豆をまくのか?というと、
日本では昔から、穀物や果実は邪気を払うといわれて
いたそうで、
豆まきの起源は平安時代の方違えの豆うちからきているそうです。

さらに、歳の数だけ豆を食べると縁起が良い!とされています。

2017年の恵方巻の方角は?

2017の恵方巻の方角は『北北西』

恵方巻は、節分に食べると縁起がいい!とされている
行事。

そんな恵方巻は関西が発祥の地!
正式には、大阪のお寿司屋さんから
始まったものだそうです。

さらに、恵方巻は、
縁起が良いとされる”七福神”に由来しており、
具材は7品が定番です!

恵方巻の正しい具材

・しいたけ
・うなぎ
・かんぴょう
・えび
・だしまき
・きゅうり
・でんぶ

その他にも、今では、スーパーやコンビニなどで、
子供向けにサーモンがまかれていたり、
カニマヨやツナなど色々な食材が
巻かれています。

食べ方は、
太巻きを切らずに、
恵方を向いたまま無言で願い事を唱え食べきること。

恵方巻を切ると縁を切ってしまったり、
おしゃべりをすると、縁が逃げてしまうそうです。

地域によってちょっと違う?!節分の儀式♪

「福は内!鬼は内!」
結構関東の寺院や各地、関西の各地でこの掛け声
この掛け声のところがあるみたいですねー!!

・節分そばを食べる習わしも。
もともと旧暦で大晦日だった節分。
その名残で節分そばを食べる家もあるそうです。

・全国的に「福茶」を飲む習わしも。
「福茶」は、梅・昆布・豆3粒を入れて、
熱いお湯を注ぎ作るお茶のこと。
縁担ぎで飲まれるようです。

まとめ

節分は一年で一番寒い大寒といわれる季節。
思いっきり節分を楽しんで邪気も寒さも吹き飛ばそう!

ヨガ

冬は寒い、春はのんびり、夏は混雑、秋は肌寒い・・・
いつ◎◎へ行くの?!
今でしょ!詳細は↓↓↓

 - カレンダーのイベント