みかママの女子力UP!blog

女子力アップのため美容&健康&恋愛の話題を取り上げご紹介します♪

電気代の節約法【※誰でも簡単にできる方法は●●!!】

      2016/03/27

電気代

【電気代の節約法のまとめ の要点】

  • 「先月、結構、電気使ったな~」とあなたを抱えているあなた
  • ちょっとした工夫で、電気代を節約できます!
  • よくある節電対策&最も簡単にできる意外な方法●●をご紹介!

よくある節電法

①契約アンペアの変更

10A:280円
15A:421円
20A:561円
30A:842円
40A:1,123円
50A:1,404円

※東京電力の場合

ひとり暮らしなら30Aあれば余裕です。

20Aでもいいですが、エアコン&レンジでブレーカー
が落ちる恐れがあるため、おすすめできません。

※エアコンは約7A レンジは15Aほど

3人家族は40Aは多く30Aで十分
4人家族は50Aは覆う40Aで十分

「アンペアを落としても大して差がないよ!」

と思うかもしれません。

ですが、「今、レンジをつけたらブレーカー落ちるかも」

といった緊張感から電気を意識するようになり、
極力使わなくなってきます。

※実体験済み

②節電ができる家電に交換

例えば、エアコンの寿命は5~8年程度ですが、
ここ20年の間に耐久性が高くなったため、なかなか壊れません。

例えば10年~15年前のエアコンを交換することで、
年間10000円以上節電できるケースがあるため、

買い替えをしても数年で元が取れます。

③待機電力の節約

待機電力は、使っていない間に消費される電力のことで、
全体の約10%と言われています。

コンセントを抜くのがベスト!
ですが、正直面倒です。

そこで、タコ足電源が便利ですが、
独立した電源タップがあるものがおすすめ。

誰でもできる意外な電気代の節約法とは?!

①パソコンの電源を”切らない”

簡単に言うと、パソコンをつけっぱなしにする方法です。

「え? つけっぱなしって電気代かかるでしょ?」

と思われがちですが、PCは起動時にかなり電気を消費します。

※起動で3時間利用分の電力

そのため、ちょっと食事をする、トイレへ行く、お風呂へ入るといった
場合は、そのまま放置をしたほうが、電気代が安く済みます。

※長時間外出する場合は、切りましょう。

②エアコンの電源を”切らない”

パソコンと同じ考え方です

例えば、冷房で起動するとき約14A。
常時6Aのため、倍以上の負担です。

「ちょっと寒すぎるかな?」

と思ったら電源を切らずに、高めの温度で
長時間利用することをおすすめします

最後に

ちょっとした工夫&節電意識を持つことで、
電気代を前年比10%~15%ほど下げることは意外と簡単です。

以上・・・参考になったかわかりませんが、

最後まで読み頂いてありがとうございます☆

ヨガ

冬は寒い、春はのんびり、夏は混雑、秋は肌寒い・・・
いつ◎◎へ行くの?!
今でしょ!詳細は↓↓↓

 - 生活ネタ知識