みかママの女子力UP!blog

女子力アップのため美容&健康&恋愛の話題を取り上げご紹介します♪

梅雨入りは頭痛・吐き気の始まり【※2018年最新の対処法】

      2018/03/31

梅雨

2018年、今年の梅雨入りは?!

2006年からの梅雨入り~梅雨明けデータです。

  • 2006年 6月 9日~7月30日ごろ
  • 2007年 6月22日~8月 1日ごろ
  • 2008年 5月29日~7月19日ごろ
  • 2009年 6月 3日~7月14日ごろ
  • 2010年 6月13日~7月17日ごろ
  • 2011年 5月27日~7月 9日ごろ
  • 2012年 6月 9日~7月25日ごろ
  • 2013年 6月10日~7月 6日ごろ
  • 2014年 6月 5日~7月21日ごろ
  • 2015年 6月 3日~7月10日ごろ
  • 2016年 6月 5日~7月29日ごろ
  • 2017年 6月 7日~7月6日ごろ

※気象庁サイトより参照

昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値):関東甲信

”個人的”な雨入りと梅雨明けの予測ですが、
2018年は6月5日あたり~7月15日あたりかと思われます。

頭痛、吐き気はなぜ起こる?!

私もこの時期に、体に変調をきたすことが多く、
以下がよくある症状の一覧です。

  • 偏頭痛
  • 吐き気
  • やる気がでない
  • ダルい
  • 古傷がズキズキする

体調不調の原因は"気温・気圧・湿度"

【気温】

梅雨入り以外にも、例えば4月に急に暖かくなったり、
11月ごろ急に冷えだすなどの、気温の激しい変化で、体に
負担がかかります

【気圧】

人間には常に約15トン前後の気圧がかかっています。

その”圧”に抵抗していますが、気圧が急に変化をすることで
バランスが崩れ、大量が崩れやすくなります。

【湿度】

梅雨は春→夏へ変わる変わり目で、
高温&多湿になります。

湿度が低めの冬&春から、湿度が急に上がるため
体への負担→自律神経のバランスがおかしくなりやすいです。

10月ごろ体調不良になるケースがありますが、
梅雨時は1年を通して最も頭痛や吐き気にさいなまれやすい
季節といえます。

梅雨時の体調不良の対処法は!?

よくある一般的な対処法から、管理人みかママ独自の
対処法もご紹介します。

① 服装に注意!

急な気温の変化で、窓を開ける、薄着になるなど
油断になりがちです。

そこで、ストールでカバーをしたり、
ちょっと暑くても、厚着のままいるなど調整しましょう。

② 丹田呼吸法で自律神経を整える

この方法は私も実践しています。

簡単に言うと、”丹田”というおへその下のあたりを
意識して、ゆっくりをお腹で呼吸をするイメージです。

私はこの方法を始めてから、代謝がよくなり、
頭痛も少し和らぎました。

③ サウナor 岩盤浴

※みかママイチオシ! の対処法

サウナや岩盤浴で、体を温めましょう。

梅雨時期だと、ちょっと蒸しているため、
「え? 岩盤浴?」
と抵抗があるかもしれません。

ですが、女性の体調不良のほとんどが体の冷えや
自律神経の乱れが原因のため、イチオシ!

ダイエットやむくみの改善、美肌にもよいため、
個人的にはかなりおすすめ!

※サウナだと、ちょっとおじさん臭い(汗)イメージが
あるので、岩盤浴のほうがいいかも?

最後に

私は、梅雨の時期になると、
毎年”バファリン”などの頭痛薬を手放せないくらい
偏頭痛に悩んでいました。

ですが、丹田呼吸法や岩盤浴などに通うようになってから、
少しだけですが、薬を飲む回数が減りました。

費用もさほどかかりませんし、
美容&健康によいため、ぜひ、おすすめします!

以上・・・参考になったかわかりませんが、

最後まで読み頂いてありがとうございます☆

ヨガ

 - カレンダーのイベント, 美容