みかママの女子力UP!blog

女子力アップのため美容&健康&恋愛の話題を取り上げご紹介します♪

育児ネタ

産後うつの現実【※一人で悩まず、家族みんなの助け合い】

投稿日:2016年3月22日 更新日:

産後うつで悩む人

そもそも「うつ病」とは?

うつ病は、
ストレス・環境の変化
様々な要因で発病するといわれています。

責任感が強く、人当たりも良く、
頑張りすぎてしまう「あなた」!

注意が必要ですよ!

やる気が起きない

「何をするにもやる気が全然でない…」

この悩みを抱える方が一番多いようです。

しかし、そもそも頑張る必要はありません。

このように感じてしまうタイプの方は、
基本的に頑張っています。

自分の許容範囲もオーバーしてまでも
頑張ってしまっているのです。

自分にやさしく、少しずつ手をつけていきましょう。

不安でたまらない

こちらも多い悩みです。
自分に「大丈夫!」と言い聞かせても、
不安が消えないことが多いですよね?

この不安思考も、頑張りすぎの方が思いやすいのです。

「がんばろう!」→「がんばれるかな?」
→「がんばれる!」→「がんばれるかな…?」

不安につながってしまいます。

ですので、
根本にあるストレスを自分自身で認めましょう。

頑張りすぎてしまう自分を受け入れて
頑張りすぎない調整をします。

そして、
不安に感じてしまう事は、自分の良さとして認めましょう。

睡眠不足

「最近、寝れていない…。」

このように感じたら、病院へ相談に行きましょう。

睡眠も食欲も体や心の大切なバロメーターです。

質の良い睡眠を手に入れる為にも、
専門医の診察を受けましょう。

産後うつの場合は?

では、産後の「うつ」はどのようなケースなのでしょうか?

出産後の女性は10%~15%、
うつ病になるというデータがあります。

出産後の不安を感じる方は、
まずは誰でもいいので相談してみましょう。

自分の夫、お母さんなど身近な人にまず相談。

信頼できる友人も良いでしょう。

1人で育児のすべてを抱え込んでいるママ、
責任感の強いママほど発症しやすい傾向があります。

症状の期間としても、
長い方で1年以上症状が続く方もいるようです。

では、具体的にどんなストレスを抱えているのでしょうか?

子供に対して

「赤ちゃんの体調が…」

「母乳の飲みが悪い」など、

子供に対する心配事からはじまり、

「愛情が実感できない」

「母親としての資格がない」など、

責任感と自己評価の低下を感じます。

このように感じた場合は、
地域の保健師さんに相談してみてください。

無料検診など、
多くの都道府県の市町村で相談所を設けています。

相談の入り口は何でもいいんです。

「赤ちゃんのことで相談したいんですけど」
と電話や窓口で伝えてください。

保健師さんは、長年ママや赤ちゃんに寄り添っています。

ベテランですので、まずは相談してみてください。

旦那に対して

産後のうつにかかわらず、
日常を一緒に過ごしてるだけでも
夫に対してストレスはたまりますよね。

ですが産後に至っては、
夫の発言や非協力的な態度はストレスの原因になります。

これはもう、
リアルタイムで同じ経験をしているママ友に相談すると
一番のストレス解消かもしれません。

私の場合は、
身近な友人が同時期に3人出産しました。

ですので、お互いに話がわかる!わかる!

しかし言い過ぎは禁物!

夫は、一番身近にいる運命共同体です。

上手に協力し合える関係を目指しましょう!

自分に対して

さて、自分自身に対しての悩みを
抱え込んでしまう方はいませんか?

出産後の様々な悩みは、結局は自分のこと…。

そうに思って、自分だけで悩んでいませんか?

そんなことありません。

新しい家族をみんなで迎えて、
これから一緒に過ごしていくんです。

自分だけの悩みではなく、
家族みんなで産後うつと付き合っていきましょう。

【家族みんなの協力が必要】

では、具体的ににどのような家族の協力が必要なのでしょうか?

まずは最愛の夫に相談

夫にこんな思いを抱えていることを伝えてみましょう。

一番の理解者ですから、
一緒に解決に向かっていく事が出来ます。

そして、ママが夫に感じてほしいことは、
「家族が1番」だと思ってね!という事!

仕事よりも何よりも
「ママ・赤ちゃんそしてパパ」「家族が大事」

この感覚をママとパパが共有できると素敵だなと思います。

一緒に住んでいる方、近くに住んでいる方、
遠方に住んでいる方、実のお母さんとの距離は様々です。

しかし、「心の距離」はいつでも近いんですよ。

あなたのお母さんは、あなたを出産した大先輩です。

時には、近すぎてウザいと感じてしまう事もあるかもしれません。

しかし、悩みを1人で抱え込むことはしないでください。

電話でもいいし、直接会った時でもいいし、話してください。

あなたのお母さんも「いつでも相談してね!」とまってくれています。

”一人でため込まず”病院へ!

「うつ」「病院」誰もが抵抗のあるフレーズですが、
大切な病院も検討してください。

早く診断を受ける事で損することはありません。

1人で病院へ行くのは勇気がいるので、
旦那さんと一緒でもいいですし、
お母さんと一緒でも良いと思いますので、
近くの病院で診察してもらいましょう。

まとめ

産後のうつは、出産の経験をした女性なら10%~15%の方が経験します。

そうでなくても、出産後は誰もが精神的にもナイーブになっています。

ですので、誰もが悩むことだけど、
相談できる人や場所はあるという事を覚えておいてください。

あなたの周りには、あなたのサポーターがたくさんいます。

まず、1人で悩むことはやめて、お話してください。

1人じゃない、みんながいるから大丈夫!

-育児ネタ

執筆者:

関連記事

サンタのクリスマスプレゼント

子供が喜ぶクリスマスプレゼント人気ランキング【1~3歳】

見出し【※お好きな項目をタップ♪】1 サンタからのクリスマスプレゼントに大喜び♪2 クリスマスプレゼント【1~3歳年代別】ランキング!2.1 0歳のクリスマスプレゼントBEST32.2 1歳のクリスマ …

おたふく

おたふく風邪は大人の女性でもなる?【※妊婦や子供に影響は?】

見出し【※お好きな項目をタップ♪】1 おたふくかぜは子供の病気?1.1 おたふく経験者でも2回目はある?1.2 大人→子供へ、おたふくは移るの?2 旦那のおたふくかぜ体験2.1 おたふく風邪の原因と治 …

熱帯夜の赤ちゃん

赤ちゃんを守れ!※2016年夏、熱帯夜の対策してますか?

見出し【※お好きな項目をタップ♪】1 大人は暑い! といえるけれど2 ”あせも”地獄!~熱帯夜に起こる症状①2.1 汗は大人の3倍?!2.2 あせも対策は?!3 ”熱中症は要注意!” ~熱帯夜に起こる …

育児ストレスの解消法!【※3つの最高レシピは●●?!】

育児ストレス(産後ストレス)とは?(乳児編) 待望の赤ちゃん!楽しい子育て!・・・ イライラが止まらない(涙) 体も心もがぐったりで、何もやる気が起こらない・・・ 社会からとりのこされ、焦る気持ちや孤 …

臨月のママ

もう臨月!ママの体に起こる変化とは?!

見出し【※お好きな項目をタップ♪】1 臨月のラストスパートの体調の変化!2 臨月のママの体2.1 お腹の張り2.2 胎動が減る2.3 子宮が下がる2.4 乳汁が出る3 まとめ 臨月のラストスパートの体 …