みかママの女子力UP!blog

女子力アップのため美容&健康&恋愛の話題を取り上げご紹介します♪

仕事のお役立ち 美容

美容師になりたいあなたへ【※勤続6年の経験者が歩んだ道】

投稿日:2016年4月28日 更新日:

美容師スタリスト

見出し【※お好きな項目をタップ♪】

めざせ美容師 ~専門学校編~

「美容師になりたい!!」と思ったあなた!!

まずは、美容師になる為の専門学校を選ばなくてはなりません。

美容師や理容師は国家試験を受け、合格した人だけが取得できる国家資格です。
専門の教育課程を経て、国家試験を受けられます。

私の志望理由や美容師・理容師の違いなど、
どのような過程で「美容師」になれるのか見ていきましょう!!

※ちなみに私は6年ほど美容師として働いていました。

美容師を志望した理由

あなたと同じで「美容師」になりたい!
思った明確な”理由”がきちんとあります。

髪型を変えるのが好きだったから

小さいころから髪型を変えるのが大好きでした。
ショートヘアーやボブスタイル・・・

高校生になってからは、ヘアカラーも大好きでした。
もちろん校則違反でしたが…(汗)

※髪型に対する興味が人一倍あったのが、志望した最初の理由です。

思うように「ヘアースタイル」が仕上がらない!!

学生時代から、美容室は何度も変えていました。

なぜっかって言うと、自分の理想の髪型を叶えてくれる美容師さんと
出会えなたったからです(^^;)

※当時のヘアースタイルの満足度はいつも60%くらいでした。

ドキッ! 素敵な美容師さんとの出会い!!

高校2年生の夏、地元にオープンしたばかりの「美容室」にいきました。

いつも理想の髪型になれなかった私は
これでもかというほどヘアースタイルの注文をしました。

すると、20代後半の美容師さんは

「○○ちゃんは、丸顔で細身の体系だから、
 カジュアルな服装だし思い切ってベリーショートにしてみない?」

私:「えっ!!」

「夏休みだし、少し髪の色も明るくしてさ!!絶対にあうよ!!」

人生初の”提案型のカウンセリング”でした。

私は思わず

「お願いします!!」

と言ってしましました。

仕上がりを見てビックリ!!
いつもの私と違い。おしゃれ感が出て別人になった気になれました。

初めて100%自分に似合う!満足いくヘアスタイルを経験することができたわけです。

この経験が美容師を目指す最大の理由となり、
「私もこんな美容師さんになりたい!!」
と強く思うようになりました。

あなたにもこんなような「美容師になりたいキッカケ」
がありますよね!!

この想いを大切にして、理想の美容師を目指してください!!

美容師・理容師の違い

美容師の仕事内容

美容師は、パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、
容姿を美しする者とされています。

現代の呼び名で表すと、

「パーマ」「アップ」「メイク」によって美しくする事ができるとなります。

もちろん「カット」や「ヘアカラー」も美容師としての絶対的な仕事です。

理容師(床屋さん)の仕事内容

理容師:

髪を散髪し整える仕事で、美容師と大きな違いは「顔そり」です。
理容師は「顔そり」が認められています。

美容師:

「メイクをする場合の必要な施術」として「顔そり」が認められています。

美容師免許がないとできない仕事

この「美容師」と「理容師」の違いをふまえて、
美容師免許がないとできない仕事はどのような技術や施術があるのでしょうか?

基本的に「カット」「カラー」「パーマ」などの技術は、
国家資格を持つ美容師・理容師でなくてはできません。

※素人の方は当然、施術することはNG。

最近では「まつ毛パーマ」というサービスがありますが、
この技術は、国家資格を持つ「美容師」でしか施術できません。

無資格で「まつ毛パーマ」のサービスを行った場合は、
美容師法違反の疑いで摘発される場合もあります。

私は、女性美容師として活躍したい夢がありましたので、
これからの美容師業界と理容師業界を見比べた結果

技術の幅が広い「美容師」としての道を選ぶことに決めました。

美容コース別

美容師になる為には、指定された教育機関にて教育を受け、
国家資格に合格する必要があります。

昔は国家試験合格のための美容専門学校が多かったようですが、

2000年以降は「卒業後に即戦力」として活躍できる美容師の育成が求められ、
様々な美容師育成コースが設けられました。

通常の美容コース

基本的な美容専門学校の美容コースは

「国家試験対策」の為の技術や知識の習得が主となります。

こちらの美容コースでは「カット」「ワインディング」「オールウェーブ」

といった国家試験の技術を学びます。

カット重視のコース

2000年以降に増えてきたのが「カット重視」の美容コースです。

この美容コースは「現場での即戦力」になれるという意味
全国の美容学校で増えてきました。

国家試験対策のためのカット技術とは違い「サスーンカット」など、
国際的に活躍する美容師の方々が取得するカット技術を

美容専門学校に在籍しているときから学べることで人気があります。

ネイル・着付けのコース

美容師として活躍する技術は多岐にわたります。

カットはもちろんですが「ネイル」や「着付け」もその1つです。

「ネイル」を施術するには民間資格である「ネイリスト検定」

「着付け」に関しても、「○○流着付」などという資格もあります。

また上記検定を単独で取得するより、
「美容師」とセットで取得するほうが、現場で活躍する機会が増えます。

美容専門学校にも「ネイルコース」や「着付けコース」がありますので、

活躍する自分の未来を想像して「美容師」+「○○コース」を選びましょう!!

国家試験

さて、色々な技術を学びたいのはわかりますが、

1番大切なのは「美容師免許」を取得することです。

昔の美容師さんが言いますが

「国家資格なんて必要ないよね!!大切なのは現場で学ぶこと!!」

と言います。

半分正解で、半分不正解です。

確かに、美容専門学校で学ぶ国家資格のための技術と知識は、
現場で役に立たない場合も多いのです。

ですが、無免許の美容師が捕まったりする時代には

「ナンセンスな発言ですね!!」

国家試験に不合格だった場合は、美容室に勤めながら、翌年国家試験を受けるのです。

これ、実はとても大変なんですよ!!

ですので美容専門学校の時に、しっかりと「美容師免許」を取得することを

第一に掲げ取り組んでください!!

カット

国家試験のカットは「レイヤー」スタイルです。

レイヤーとは、重なり合うという意味で、段が入ったヘアースタイルです。

頭皮に対して90度に引き出しカットをしていく
「セイムレイヤー」スタイルです。

何年か前までは「グラデーション」スタイルが国家試験でした。

こちらは45度の角度でカットしていくスタイルです。

時代にあった人気ヘアースタイルを国家試験にも取り入れる特徴があります。

ワインディング

ワインディングとはパーマのための技術です。

ロッドと言われる道具とコームと言われる櫛を使用し、パーマを巻きます。

60本程度のロッドを全頭に巻きます。時間との勝負が必要な技術です。

オールウェーブ

かなり昔の技術です。

セットローションを使用しヘアースタイルをセットしていきます。

ウェーブを用いたスタイルとカールを用いたスタイルを取り入れながら
作り上げます。

この3つの技術のうち、2つが国家試験の課題になります。

※ちなみに私の時は「カット」と「ワインディング」でした。

美容専門学校時代に必ず

「美容師国家資格」を取得することが大切になりますよ!!

めざせ美容師 ~求人編~

美容室

「美容師になりたい!!」と思い、美容学校に進学したところ、
次のステップ「就職先」で痛い目に会うことがあります

そんなことにならない為の「求人編」を見ていきましょう!!

「美容師」しての第一歩!!

美容師としての第一歩、それが「美容室」選びです!!

どのように就職先を見つけ行動すればいいのでしょうか?

どの時期に求人を見つけるのか?

決まって言うのが「2年生になってから!!」が多いみたいです。

ですが、私の経験から言うと「1年生の時から検討する!!」に限ります。

なぜかというと、2年生からは国家試験対策の技術・知識の勉強が多くなり、
時間が少なくなるからです。

できるだけ、早めに動くようにしましょう!!

大手有名店は倍率が高い!!

予約の取れない人気の美容室は「お客様に人気がある」と同時に、
「美容師にも人気がある」のです。

ですので、人気美容室に就職したい場合は倍率がめっちゃ高いです(汗)

そして美容専門学校での成績がとても大切になってきます。

まじめに通い、学校の行事には積極的に取り組んでください。

就職の際に、ここの部分は評価されます。

働きたいお店でバイトをしてみる

私が経験したうえで言えることがあります。

「働きたいお店でバイトする!!」

これは、かなり良い選択です。

私は美容専門学校時代に2店舗バイトさせていただきました。

卒業後にどんなお店で自分が働くのか想像でき、とても貴重な経験ができました^^;

同級生の美容専門学生の内、10%が美容室のバイトを選びその後活躍しています。

もちろん就職先の店が違う方もいますが、
他のバイトよりも将来を見据えて行動すること事ができますし、

自分にプラスになることしかありません。

ですので、「働きたいお店でバイトする!!」を選択しに入れておく

就職先の幅も広がり、採用する側のお店の評価も上がります。

自分の理想を叶える”お店選び”とは?

美容師は就職先で挫折してしまうケースは少なくないようです…。

何が大切なのか?注意してみてきましょう!!

お店の雰囲気と自分のイメージ

ここのギャップでつまずく方は多い
ようです。

自分が想像している理想のお店(就職先)と
実際に就職してみてからのお店の雰囲気が違い、辞めてしまう方もいます。

ですので、就職ガイダンスなどで就職先の情報を把握してから

店舗見学をした方が良いでしょう。

オーナー考えと自分のイメージ

また、オーナー考えと自分の考えの違いに戸惑うこともあります。

長い美容師経験をしているオーナーと新人のあなたでは
物事1つでもとらえ方が違います。

人は誰もが自由に考え行動することは当然ですが、美容室のルールや考えに
沿った行動をあなたはする必要があります。

「人間としておかしいな!!」

と思わない限り、修行の身としてオーナーの考えに沿って
勉強していきましょう!!

先輩のスキルアップのスピードをよく知る!!

就職してから美容学校の同級生と比較すると、
活躍するまでの期間にだいぶ差が出ることがあります。

美容室のカリキュラムや方針・考え方の違いによって、
新人のスキルアップにも差が出ます。

ですので、求人を見て就職先を決める際には、

就職先の「先輩のスキルアップのスピード!!」

に注目する必要があります。

「スタイリストになるまで3年かかった!!」

など、自分の理想の目標に近い先輩を見つけ、

「自分も挑戦できるぞ!!」

と思える美容室(就職先)を見つける事が大切になります。

将来のビジョン

1番大切なのは、自分がどうなりたいか!!という事です。

反省はしても後悔しないためには

「自分の将来のビジョン」を明確にする必要があります。

やっぱり自分自身の「将来のビジョン」 が大切

なんとなく取り組むと、なんとなくの結果しか望めません。

5年後、10年後の自分が理想の自分になれるように、

今努力する必要があります。

例えば

「3年後にはスタイリストになる!!」
「10年後には独立する!!」

など、自分自身の「将来のビジョン」 を明確にし、

逆算して1歩づつ進んでいきましょう!!

希望のお店と自分の理想のギャップは必ずあります!!

ギャップを埋めるには、

「勤務する美容室を変える」もしくは
「自分の理想の美容室を作る」という結論になります。

ですが、あなたはこれからの美容師です。

まずは、希望の店舗でスタイリストを目指し、
スタイリストとして成績を残しましょう。

転職するのも独立するのも、スタイリストとしての結果があれば
自分自身の自信にもつながり、他店での評価も上がります。

ギャップを感じながらも、自分の夢を実現するための「道」と考え、

理想に近づくための努力としてとらえるようにしましょう!!

憧れの先輩やオーナーなどを追いかける

大切な想いや気持ちがあってもモチベーションが上がらず、

立ち止まってしまうことがあります。

あらかじめ、美容室の就職の際には

「憧れの先輩やオーナーなどを追いかける」事を

まずは目標にしてください。

この方法は予想以上に自分のスキルアップが望めます。

自分の努力で成し遂げることのできる目標とプラスして、
先輩やオーナーの目標も共有しながら成長ができます。

美容師としての理想の自分になれるように、求人を見て就職する時から

【めざせ美容師 ~求人編~】に書かれていることを色々と考え、

行動するようにしましょう!!

美容師の現実~離職率ついて~

実際に他業種と比べて「美容師の離職率」はどのくらいなんでしょうか?

新人10人採用して半年後には1人

私が美容室に就職した時は、同期が10人採用されました。

実際に美容室の業務は厳しさが多く、すぐに連絡もなく辞めてしまう同期もいました。

私は美容室のバイト経験がありましたので、

そこまでつらくは感じませんでした。

ですが、他の同期9人は美容室バイト経験なし。

半年後には私1人だけになりました…。

スタイリストになった同期はいません…。

もちろん同期はみんな辞めてしまったので、

私の勤務する美容室でスタイリストになったのは私だけです。

後輩を見渡してもその年に残っているのは、約10%です。

離職もしくは転職の決断をした方の平均をとると、90%近い
離職率・転職率のデータが出てきますね!!

ちょっと特別な業界かもしれません…。

美容専門学校の同級生100人は?

私の美容専門学校の同級生は100人いました。

学校在籍の間に何名か辞めてしまいましたが、

卒業を迎えた同級生は90人ほどでした。

15年経った現在、美容師として仕事をしているのは・・・

何名くらいだと思いますか?

答えは・・・「たったの5人」です(汗)

他のみんなは、美容関係の営業をされている人もいれば、
まったく違う業界で働いている方もいます。

もちろんお店を変えていく方もいます。

ですが、美容師自体を辞めてしまう人が多いのが現状です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

見た目には華やかに映る「美容師」の世界です。

お客様に喜ばれ「うれしい」事もありますが、現実はかなり過酷です。

これから美容師を目指すあなたは、このような美容師の現状を知ってうえで、

挑戦いただきたいと思います。

続いては・・・
→めざせ美容師!【※デビュー新人時代~中堅時代】

をご覧ください。

番外編:美容師の口に出せない悩み

【体臭】

朝から夜遅くまで、新人時代はドタバタの連続で、汗が結構でます(汗)

そこで、デオドラントクリームなどは必須アイテム!

※ワキ汗がでたり、長時間立ちっぱなしで足の激臭にも最適です。

クリアネオ

→匂いケアのクリアネオはこちら

【口臭】

新人さんは20代前半なので、さほど口臭はしません。

ですが、美容院の激務を繰り返すうちに歯が黄色くなり、口臭が発生する恐れがかなりあります^^;

※私も一時期、歯の黄ばみで悩みました。接客業には致命的ですよね・・・

→自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング

-仕事のお役立ち, 美容

執筆者:

関連記事

確定申告書

確定申告で書類を提出!※郵送での返信用封筒の書き方はOK?

見出し【※お好きな項目をタップ♪】1 確定申告で書類提出!返信用封筒を入れましたか?2 返信用封筒2.1 送信用の封筒の返信用封筒のサイズ2.2 返信用封筒のサイズ2.3 返信用の切手はいくら?3 届 …

足のむくみ

立ち仕事で足のむくみがヒドイ!※原因と対策を元美容部員が語る!

見出し【※お好きな項目をタップ♪】1 美容部員は立ちっぱなしの体力勝負1.1 メーカーによっては丸一日立ちっぱなし!1.2 ヒールがつらい!朝と夕方で脚の太さが激変!2 むくみの原因2.1 長時間立ち …

3つのスムージー

スムージーダイエット特徴※メリット&デメリットとは?!

スムージーダイエットのメリット・デメリットを3分で解説! テレビ、雑誌、SNSで芸能人やモデルさんなどが紹介しているスムージーダイエット! 今回は、スムージーダイエットをする上でのメリット&デメリット …

お肌に止まる蚊

蚊がブンブン!【※虫刺されで腫れた肌を掻くのはNG!】

見出し【※お好きな項目をタップ♪】1 蚊に刺されたら、どう対処する?!2 ボリボリ掻くとヤバイ?!2.1 余計かゆくなる2.2 傷跡が残る2.3 色素沈着3 蚊の刺されやすい! その理由は?!3.1 …

不在連絡票

ゆうゆう窓口は帰宅途中に最適!※郵便窓口との違いは?

見出し【※お好きな項目をタップ♪】1 郵便窓口とゆうゆう窓口の違い2 ゆうゆう窓口って実際に使う人いるの?2.1 目的は?2.2 利用する人は多いの?2.3 上手な利用法はある?3 最後に 郵便窓口と …